松栄堂ウェブショップ [お盆の風習 お線香のあれこれ Q&A]

お盆の風習 お線香のあれこれ Q&A

お盆の風習


迎え火を焚いてご先祖さまをお迎えするお盆。


1年に1度、ご先祖さまを家にお迎えし、家族と一緒に過ごす期間を「お盆」といいます。 この期間は地方によって異なりますが、京都のお盆は8月13日から16日まで。 13日の朝、お仏壇にはお香をたき、灯をともし、お花や季節のたべものを供えます。 ご先祖さまが迷わず帰ってこられるよう、門の前で焚く火が「迎え火」です。


お盆の間一緒に過ごされたご先祖さまをお見送りするために、「送り火」を焚くのが16日。 「大」や「船形」「妙法」「鳥居」で有名な五山の送り火も、この日に行われる行事です。



お線香のあれこれ ―お客様のご質問から―


Q.お線香とお香はなにが違うのですか?
A. 「お香」という言葉にはお焼香や練香、匂い袋などさまざまな形状のものが含まれます。

その中で「線」の形のお香を「お線香」と呼びます。
松栄堂ウェブサイト 【お香のこと】

Q. 仏事でのお線香は何本焚けばよいですか?
A. 1本や3本、宗派によって様々です。 仏・法・僧を敬うという意味で3本という考えもあります。 地域差や、宗派による違いもあるので、お付き合いのあるお寺様にご相談を。

Q. 好きな香りのお香を仏事用として使ってもいいですか?
A. 特に問題はないですが、仏様にお供えするものなので、まずは伝統的な原料を調合したお線香をおすすめします。

Q. お線香を折って使用してもいいですか?
A.お部屋の広さや、焚きたい時間に合わせ、お線香を適度な長さに折ってご使用ください。

Q.香炉灰の手入れについて教えてください。
A.お香のたき残りを取り除き、天日で干すなどしてしっかりと乾燥させてください。
灰そのものについた匂いが気になってきたら、灰を取り替えてください。

灰のお求めはこちら『みやこ灰(税込220円)』


夏におすすめの商品特集



“お盆のお供えに”
お供え向きの商品こちら

“お中元やご挨拶に”
お中元やご挨拶に

“香ディネート”
夏らしい香りの贈り物はいかがでしょうか


直営店舗のご案内



直営店

京都・大阪・東京・神奈川・北海道に直営店がございます。
最寄りの店舗へお気軽にお立ち寄りくださいませ。
→ 店舗情報はこちら

ウェブショップでもご注文を承ります。
「お盆の贈り物」に京都の香りはいかがでしょうか。
→ ウェブショップはこちら