練香・印香

練香・印香

香炉に入れた灰に、火をつけた炭をうめて、その灰の上で温める「空薫(そらだき)」という方法でたくお香です。
ゆったりとした時間を楽しみたいときにおすすめです。

「練香(ねりこう)」は、粉末にした各種の香料に蜜などを加えて練り上げ、一定期間壺の中で熟成させた、丸薬状のお香です。
平安時代の文学にも「薫物」という名前で登場し、現代では、主に茶の湯の席で用いられます。
「印香(いんこう)」は、配合した香料を、梅の花など様々な形に押し固めたお香です。

→「空薫」の方法はこちら(松栄堂企業サイト)
→「空薫用具」のお求めはこちら
並べ替え:
商品名
価格(安い順)
価格(高い順)
67
  • 1
  • 2
67
  • 1
  • 2